家庭用光脱毛器の安全な使用方法

家庭用光脱毛器の安全な使用方法

家庭できれいに脱毛できるのが家庭用光脱毛器です。カミソリなどで繰り返し脱毛をしていると肌の負担が増えて、乾燥肌や色素沈着になってしまいますが、家庭用光脱毛器なら肌の負担が少ないので色素沈着などができる心配が少ないです。

 

しかし、使い方を間違えるとやけどの恐れがあります。どうすれば安全に使用できるのでしょうか。

 

光脱毛器は黒い色素の反応する光を使用しています。通常は毛の色素だけに反応するのですが、日焼けをしていると肌の色素にも反応してしまい、やけどをする恐れがあります。やけどをしているときは脱毛を行わないようにしましょう。夏場は肌を露出した服を着たり紫外線量が多くなるので、日焼けに注意が必要です。

 

ホクロやタトゥーにも光が反応してしまうので、その部位は避けて脱毛するようにします。シールや絆創膏を貼っておくと安全です。

 

脱毛器の出力を上げれば高い脱毛効果を得られますが、その分肌の負担が増えて肌トラブルの危険があります。まずは弱い出力で使用して、肌の様子を見ながら出力を上げてください。乾燥肌や敏感肌は一番弱い出力で脱毛しましょう。

 

光の照射は必ず脱毛器を肌に密着させて行ってください。万が一目に光が当たると危険なので、サングラスをかけて目に当たらないように防ぎましょう。