光脱毛で効果が得られない場合

光脱毛で効果が得られない場合

ムダ毛なしのきれいな肌になるのを期待してサロンで光脱毛をしているけれど、効果がみられないという方も一定数いらっしゃると思います。普通は施術後2週間ほどすると、ムダ毛がボロボロと自然に抜けてゆくと言われています。

 

抜ける様子がない、また抜ける毛が少なすぎるという場合は、そのまま続けていても効果が得られない可能性があるので、しかるべき対処をとることが必要です。まず考えられるのは、サロンで使っている機器の光の出力が弱すぎるというケースです。

 

これはサロンのスタッフと相談をし、可能であれば出力を上げてもらいましょう。

 

また自分のムダ毛のコンディションが原因というケースも考えられます。
長期間、脱毛器や毛抜きで自己処理をしていた場合、毛穴が歪んでしまうことがあります。毛穴が歪むと光が毛根まで届かず脱毛効果が得られないのです。
そしてムダ毛が薄い場合も同様です。

 

光脱毛はムダ毛の黒い色に反応するので、産毛だったり毛の色が薄かったりするとうまく毛根を処理できません。これらの場合、サロンの光脱毛、また医療機関で使用されているレーザー脱毛でも、脱毛効果を得るのは難しいでしょう。

 

そんな場合は、ニードル脱毛に変えることをおすすめします。

 

光脱毛などと比べて時間と費用はかかってしまいますが、直接毛穴に針を入れて処置するので、毛穴が歪んでいたり薄い毛の方でも効果が得られます。